安くてお得な車検

車検費用についての基礎知識

安い車検場を選ぶときに知っておきたいこと

基本的に法定費用はどこも変わらない

自動車を所有している人は3年ないしは2年に1度車検を行わなければなりませんが、その費用が大きな負担になってしまうことが考えられます。
例えばディーラーで受けるとすれば、10万円以上になることも少なくありません。
ですが、安いところを探せば見つける事は十分に可能になります。
車検は通常法定費用と点検費用等に分かれますが、このうち安くなる部分に関しては点検費用のほうになります。
法定費用は、国に対して納めなければならない税金になりますのでその部分が安くなるわけではありません。

ガソリンスタンドが安い理由とは

安い車検場の1つに、ガソリンスタンドが存在しています。
ガソリンスタンドは給油をして洗車をする場所のイメージがある人が多いですが、お店によっては車検を行ってくれるところも少なくありません。
ただ、街の自動車整備工場やディーラーなどがもともとありますので、そこに割って入るためには何らかの特別なサービスや料金が安くなっていることがポイントになります。
そこで多くのガソリンスタンドでは、金額を安くすることで多くのお客さんを取り込もうとしました。
この作戦は非常にうまくいき、少しでもお金を使いたくない人がガソリンスタンドを選ぶようになったわけです。
ガソリンスタンドは、自動車に関する専門的な知識を持っているだけでなく代車なども貸してくれることから非常に便利と言えるでしょう。

カー用品店を利用する方法もある

最近は、自動車のパーツなどを販売しているカー用品店でも安い金額で車検を行っているのがポイントになります。
ディーラー等と比較すると、整備費用などが格安になっており、2万円位を節約することができる点に魅力があります。
カー用品店も、自動車に関する専門的な知識を持っているスタッフがいるためプロが直接自動車を点検することになります。
1番車検を安くする方法の1つとして、自分で行う方法があります。
自分で行うといっても、自分で整備をして点検終了とするのではなくしっかりと国の機関に任せなければなりません。
どこの場所にも、一定のエリアに陸運支局と呼ばれるところがあります。
そこに自分で自動車を持っていくことで、点検を受けたことになるわけです。
そのため、業者に依頼したときの整備費用に関しては一切支払う必要がありません。
つまり、法定費用だけの支払いで点検を済ませることが可能になります。
ただ、陸運支局を利用する場合の注意点としては、土曜日と日曜日や祝日が開いていないため、平日に行かなければならないことです。
また、午前9時から夕方5時までしか開いていないところが多いため、時間の工夫も必要になるでしょう。

人気記事ランキング